English

臨床研究・治験計画情報の詳細情報です。

企業治験
令和2年12月15日
令和3年1月29日
遺伝性血管性浮腫の急性発作を発現した日本人小児及び青年患者を対象にイカチバント(TAK-667)を皮下投与したときの安全性、有効性及び薬物動態を検討する第3相多施設共同非盲検非無作為化試験
遺伝性血管性浮腫の急性発作を発現した日本人小児及び青年患者を対象としたイカチバント(TAK-667)の試験
河村 栄美子
武田薬品工業株式会社
本治験の主な目的は、遺伝性血管性浮腫(HAE)の急性発作症状の日本人小児及び青年にTAK-667を投与したときの安全性と有効性、薬物動態を検討することである。
3
遺伝性血管性浮腫の急性発作
募集中
イカチバント
フィラジル
愛知医科大学病院治験審査委員会

管理的事項

研究の種別 企業治験
登録日 令和3年1月26日
jRCT番号 jRCT2041200073

1 試験等の実施体制に関する事項及び試験等を行う施設の構造設備に関する事項

(1)試験等の名称

遺伝性血管性浮腫の急性発作を発現した日本人小児及び青年患者を対象にイカチバント(TAK-667)を皮下投与したときの安全性、有効性及び薬物動態を検討する第3相多施設共同非盲検非無作為化試験 A Multicenter, Open-Label, Non-randomized Phase 3 Study to Assess the Safety, Efficacy and Pharmacokinetics of Subcutaneous Administration of Icatibant (TAK-667) in Japanese Children and Adolescents with Acute Attacks of Hereditary Angioedema
遺伝性血管性浮腫の急性発作を発現した日本人小児及び青年患者を対象としたイカチバント(TAK-667)の試験 A Study of Icatibant (TAK-667) in Japanese Children and Teenagers With Acute Attacks of Hereditary Angioedema

(2)治験責任医師等に関する事項

河村 栄美子 Koumura Emiko
/ 武田薬品工業株式会社 Takeda Pharmaceutical Company Limited
540-8645
/ 大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号 1-1, Doshomachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka
06-6204-2111
smb.Japanclinicalstudydisclosure@takeda.com
臨床試験情報  お問合せ窓口 Contact for Clinical Trial Information
武田薬品工業株式会社 Takeda Pharmaceutical Company Limited
540-8645
大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号 1-1, Doshomachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka
06-6204-2111
smb.Japanclinicalstudydisclosure@takeda.com
令和2年12月3日

(3)その他の試験等に従事する者に関する事項

(4)多施設共同試験等における治験責任医師等に関する事項など

多施設共同試験等の該当の有無 あり
/

 

/

愛知医科大学病院

Aich Medical University Hospital

 

 
/

 

/

順天堂大学医学部附属順天堂医院

Juntendo University Hospital

 

 
/

 

/

鹿児島大学病院

Kagoshima University Hospital

 

 

2 試験等の目的及び内容並びにこれに用いる医薬品等の概要

(1)試験等の目的及び内容

本治験の主な目的は、遺伝性血管性浮腫(HAE)の急性発作症状の日本人小児及び青年にTAK-667を投与したときの安全性と有効性、薬物動態を検討することである。
3
2021年01月15日
2021年01月15日
2021年01月15日
2021年07月21日
3
介入研究 Interventional
単一群 single arm study
非盲検 open(masking not used)
非対照 uncontrolled control
単群比較 single assignment
治療 treatment purpose
なし
なし
なし
なし none
1. 両親又は法的保護者が治験の内容を理解し、それを遵守する能力があると治験責任医師又は治験分担医師が判断した者
2. 治験手順が行われる前に、同意・説明文書に、両親又は法的保護者による署名及び日付記入ができる者。なお、可能な限り、被験者本人からも文書によるアセントを取得する。
3. 日本に居住する日本人患者。日本人とは、日本で生まれ、両親及び母方・父方の祖父母のいずれもが日本人である者と定義する。
4. 性別不問、同意取得時の年齢が2歳以上18歳未満(2歳の誕生日から18歳の誕生日の前日まで)である者
5. 今回のHAE発作発現時の体重が12 kg以上である者
6. I型又はII型のHAEの確定診断を受けていることが記録により確認できる者。以下の基準を用いて病歴に基づいて診断する。
a. 血管性浮腫の家族歴がある。
b. 特徴的な発作の発現、発作の再発が認められる。
c. 機能的C1エステラーゼインヒビター(C1-INH)欠損症である。
d. 血管性浮腫の家族歴がない場合、医学的判断(併用薬又は抗ヒスタミン薬若しくは糖質コルチコイドに対する反応、及び遺伝子変異の有無等)に基づいてその他の血管性浮腫(アンジオテンシン変換酵素 [ACE]阻害薬による血管性浮腫、アレルギー性の血管性浮腫など)が除外される。
7. 病歴からI型又はII型のHAE(C1-INH欠損症を含む)の確定診断を受けていることが記録により確認できない者については、C1-INH検査を実施し、イカチバント投与前にC1-INHの量的及び/又は機能的欠損によるHAEの確定診断を行う。
a. I型HAE:C1-INHタンパク量低値、C1-INH活性低値、II 型HAE:C1-INHタンパク量正常又は上昇、C1-INH活性低値
b. 血管性浮腫の家族歴がない場合、医学的判断(併用薬又は抗ヒスタミン薬若しくは糖質コルチコイドに対する反応、及び遺伝子変異の有無等)に基づいてその他の血管性浮腫(ACE阻害薬による血管性浮腫、アレルギー性の血管性浮腫など)が除外される。
8. 皮膚、腹部、及び/又は喉頭(喉頭と咽頭を含む)のHAE発作を発現した者。ただし、発作の重症度は問わない。
9. イカチバント投与開始までの期間が今回のHAE発作発現から12時間以内である者
10. 避妊治療を受けていない男性パートナーを持つ、妊娠する可能性のある女性の場合、同意取得時から治験期間中を通じて、日常的に効果的な避妊の実施に同意し、かつスクリーニング時の妊娠検査が陰性である者
1. In the opinion of the investigator or subinvestigator, the participant's parent or legal guardian is capable of understanding and complying with protocol requirements.
2. The participant's parent or the participant's legal guardian is capable of signing and dating a written informed consent form on behalf of the participant prior to the initiation of any study procedures. Written informed assent is also obtained from the participant as much as possible.
3. The participant is in Japan and is Japanese; defined as born in Japan and having Japanese parents and Japanese maternal and paternal grandparents.
4. The participant is male or female and 2 to <18 years of age (ie, from the second birthday through the day prior to the eighteenth birthday) at the time of informed consent.
5. The participant weighs >=12 kg at the time of the current HAE attack.
6. The participant who has a documented and confirmed diagnosis of HAE type I or II. Diagnosis
may be based on historical data using the following criteria:
a. Family history of angioedema
b. Characteristic attack manifestations, recurrent attacks
c. Functional complement 1 (C1) esterase inhibitor (C1-INH) deficiency
d. In the absence of a family history of angioedema, exclusion of other forms of angioedema (eg. angiotensin converting enzyme (ACE)-induced angioedema, allergic angioedema) based on medical judgement (eg, concomitant medication, response to antihistamines or glucocorticoids, information of genetic mutation).
7. If the participant does not have a documented and confirmed diagnosis of HAE type I or II based on historical data, including C1-INH deficiency, the participant's diagnosis must be determined prior to treatment by C1-INH test results which demonstrate a functional C1-INH deficiency.
a. HAE type I: Low amount of C1-INH protein and low level of C1-INH activity; HAE type II: Normal or increased amount of C1-INH protein and low level of C1-INH activity
b. In the absence of a family history of angioedema, exclusion of other forms of angioedema (eg. ACE-induced angioedema, allergic angioedema) based on medical judgement (eg, concomitant medication, response to antihistamines or glucocorticoids, information of genetic mutation).
8. The current HAE attack must be in the cutaneous, abdominal, and/or laryngeal (inclusive of laryngeal and pharyngeal) areas, but no prespecified attack severity criteria are required for
treatment.
9. The participant commences treatment within 12 hours after the onset of current HAE attack.
10. A female participant of childbearing potential who is sexually active with a nonsterilized male partner agrees to use routinely adequate contraception from signing of informed consent throughout the duration of the study, and proves negative in the pregnancy test at screening.
1. 今回の発作のため気道確保の処置(気管内挿管、気管切開、輪状甲状靱帯切開など)を必要とする者
2. 今回の発作において治験担当医師の臨床的判断で重度と考えられ、緊急処置が必要となる、及び/又は本治験の有効性の評価を妨げる可能性がある喉頭及び/又は上気道の発作が発現した者
3. HAE 以外の血管性浮腫と診断された者
4. スクリーニング時又はイカチバント投与前の病歴上、脳卒中又は冠動脈疾患(例:急性虚血性心疾患、不安定狭心症、重度の冠動脈心疾患)を有することが確認された者、及び本治験への参加が不適切と考えられるうっ血性心不全(ニューヨーク心臓協会[NYHA]分類3又は4)を有する者
5. 今回のHAE 発作発現後、何らかの鎮痛剤による治療を受けた者
6. 今回のHAE発作発現前5日(120時間)以内に補充療法(C1-INH製剤、新鮮凍結血漿[FFP])を受けた者
7. イカチバント投与前7日以内にACE阻害薬を使用した者
8. イカチバント投与前90日以内にホルモン避妊薬を使用した者
9. イカチバント投与前90日以内にアンドロゲン又は作用の弱いアンドロゲン(ダナゾール、テストステロンなど)を使用した者
10. スクリーニング前30日以内に別の治験又は製造販売後臨床試験に参加していた者
11. 本治験の内容、目的、及び起こり得る結果を本人若しくは両親/法的保護者が理解できない者、若しくは治験実施計画書で定められた評価に応じない、追跡調査のための来院ができない、又は何らかの理由により試験を完了できないと考えられる者
12. 妊娠している又は授乳中の女性。同意取得前、本治験期間中、又はイカチバント最終投与後30日以内に妊娠を希望する女性
13. イカチバントに対して過敏症又はアレルギーの既往がある者
14. その他、重篤な既往症や基礎疾患の存在等、治験責任医師又は治験分担医師が対象として不適当と判断した者
1. The participant will require an intervention to support the airway (eg, intubation, tracheotomy, cricothyrotomy) due to the current HAE attack.
2. The participant presents with an HAE attack with laryngeal/upper respiratory tract symptoms which are considered severe in the investigator's clinical judgment and which may necessitate urgent care and/or impede the conduct of study efficacy assessments.
3. The participant has a diagnosis of angioedema other than HAE
4. The participant has evidence of stroke or coronary artery disease based on medical history at the screening examination or at pretreatment; eg, acute ischemic heart disease, unstable angina pectoris, severe coronary heart disease or congestive heart failure, that in the investigator's judgment would be a contraindication for participation in the trial (New York Heart Association [NYHA] class 3 and 4).
5. The participant has received treatment with any pain medication since the onset of the current HAE attack.
6. The participant has received replacement therapy (C1-INH products, fresh frozen plasma [FFP]) within 5 days (120 hours) from the onset of the current HAE attack.
7. The participant has received treatment with ACE inhibitors within 7 days prior to treatment.
8. The participant has used hormonal contraceptive within 90 days prior to treatment.
9. The participant has received androgen or attenuated androgens (eg, danazol, testosterone) within 90 days prior to treatment.
10. The participant has participated in another clinical study within the past 30 days before screening.
11. The participant, the participant's parent, or legal guardian is unable to understand the nature, scope, and possible consequences of the protocol, or is unlikely to comply with the protocol assessments, unable to return for follow up visits, or unlikely to complete the study for any reason.
12. If female, the participant is pregnant or lactating or intending to become pregnant before participating in this study, during the study, and within 30 days after last dose of the icatibant.
13. The participant has a history of hypersensitivity or allergies to icatibant.
14. The participant is judged by the investigator as being ineligible for any other reason; eg. a serious concomitant illness or condition.
2歳 以上 2age old over
18歳 未満 18age old not
男性・女性 Both
遺伝性血管性浮腫の急性発作 Hereditary Angioedema
あり
TAK-667をDay 1に腹部へ単回皮下投与する。TAK-667の投与量は、被験者の体重に合わせ選択する(最大30 mg;10 mg [12 kg to 25 kg], 15 mg [26 kg to 40 kg], 20 mg [41 kg to 50kg], 25 mg [51 kg to 65 kg], 30 mg [>65 kg]) TAK-667, single SC administration on the abdomen on Day 1. The dose of TAK-667 will be dependent on the participant's body weight (Up to 30 mg; 10 mg for 12 kg to 25 kg, 15 mg for 26 kg to 40 kg, 20 mg for 41 kg to 50kg, 25 mg for 51 kg to 65 kg, 30 mg for >65 kg).
1. 有害事象(TEAE)の発現症例数
評価期間:最大25日まで(スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)


1. Number of Participants who Experience at Least One Treatment-Emergent Adverse Events (TEAE)
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)


1. 安静時12誘導心電図所見に関連したTEAEの発現症例数
評価期間:最大25日まで(スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)

2. バイタルサインに関連したTEAEの発現症例数
評価期間:最大25日まで(スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)

3. 臨床検査に関連したTEAEの発現症例数
評価期間:最大25日まで(スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)

4. 生殖ホルモン濃度の臨床上重要な変化に関連したTEAEの発現症例数
評価期間:スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)
女性では卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、エストラジオール、プロゲステロンの生殖ホルモンレベルを測定し、男性ではFSH、LH、テストステロンを測定する。生殖ホルモン値に臨床的に有意な変化を示した症例数を報告する。

5. 免疫原性(抗イカチバント抗体)が見られた症例数
評価期間:ベースライン、Day 8まで

6. 治験担当医師が評価した症状スコア
評価期間:ベースライン、Day 1の投与後
日常生活に関連する急性HAE発作の皮膚、腹部、喉頭の症状を症状スコアで治験責任医師が評価する。スコアの範囲は0から4で、スコアの各数はそれぞれ、0 =なし; 無症状、1 =軽度(日常生活の制限なし)、2 =中程度(中等度の日常生活の制限あり)、3 =重度(重度な日常生活の制限あり)、4 =極めて重度(極めて重度な日常生活の制限あり)を示す。

7. 4歳以上の小児を対象とした痛みの評価尺度(Faces Pain Scale-Revised:FPS-R)
評価期間:ベースライン、Day 1の投与後
小児を対象とした痛みの評価尺度(Faces Pain Scale-Revised;FPS-R)は、被験者によるHAE関連の痛みの自己評価のためのツールであり、4歳以上の被験者は、FPS-Rを使用してHAE関連の痛みを自己評価する。 FPS-Rは、小児の痛みの強さを評価するために使用される自己申告の尺度であり、0から10のスケールを使用してスコア付けされる(0 =痛みがない、から10 =非常に激しい痛み)。

8. 治験担当医師が評価した4歳未満の小児を対象とした痛みの評価尺度(Faces, Legs, Activity, Cry, and Consolability:FLACC)
評価期間:ベースライン、Day 1の投与後
4歳未満の被験者は、痛みの評価尺度(FLACC)を使用して、HAE関連の疼痛(皮膚、腹部、喉頭)を治験担当医師により評価される。 5つのカテゴリー(FLACC)のそれぞれに0から2のスコアが付けられ、表情(F):0(無表情又は笑顔)から2(頻繁又は持続的なしかめっ面、歯ぎしり、戦慄)、下肢(L):0(正常肢位又はリラックス)から2(足を蹴る、突っ張る); 活動性(A):0(おとなしく横になっている、正常位、容易に動く)から2(反り返る、硬直する、ひきつけ); 啼泣(C):0(泣いていない)から2(泣き続ける、悲鳴をあげる、泣きじゃくる、不満を訴え続ける); 安静度(C):0(満足している、リラックス)から2(慰めたり、安心させたりすることが困難)の評価で、合計スコアは0から10の間となる。

9. 救済治療を実施した症例数
評価期間:最大25日まで(スクリーニング及び最大3回の発作毎の治験薬投与後8日間)
HAEの救済治療薬とは、HAE 発作に起因すると判断された急性症状の緩和を目的として使用されたHAE発作治療薬や、血管性浮腫の症状(疼痛や悪心など)改善が目的の対症療法が含まれる。

10. イカチバントの皮下投与後2時間から4時間に、治験担当医師の評価による症状スコアに基づく発作症状の重症度が悪化した症例数
評価期間:投与後2時間から4時間
日常生活に関連する急性HAE発作の皮膚、腹部、喉頭の症状を症状スコアで治験責任医師が評価する。スコアの範囲は0から4で、スコアの各数はそれぞれ、0 =なし; 無症状、1 =軽度(日常生活の制限なし)、2 =中程度(中等度の日常生活の制限あり)、3 =重度(重度な日常生活の制限あり)、4 =極めて重度(極めて重度な日常生活の制限あり)を示す。投与後2時間から4時間にHAE発作の臨床症状が悪化した症例数を評価する。

11. 治験担当医師の評価に基づく最初の症状改善までの時間
評価期間:治験薬投与後8時間まで
治験担当医師の評価に基づく最初の症状改善までの時間は、イカチバント投与後、治験担当医師が最初に症状の改善に気付いた時点までの時間と定義する。

12. 被験者の評価に基づく最初の症状改善までの時間
評価期間:治験薬投与後8時間まで
被験者の評価に基づく最初の症状改善までの時間は、イカチバント投与後、被験者又は両親/法的保護者が最初に症状の改善に気付いた時点までの時間と定義する。

13. TAK-667及び代謝物(M-I and M-II)の血漿中濃度
評価期間:Day 1の投与前及び投与後0.5、1.0、2.0、4.0時間後


1. Number of Participants who Experience at Least One TEAE Related to Resting 12-lead Electrocardiogram
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)

2. Number of Participants who Experience at Least One TEAE Related to Vital Sign
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)

3. Number of Participants who Experience at Least One TEAE Related to Clinical Laboratory Parameters
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)

4. Number of Participants who Experience at Least One TEAE Related to Clinically Significant Changes in Reproductive Hormones
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)
Reproductive hormone levels of follicle-stimulating hormone (FSH), luteinizing hormone (LH), estradiol, and progesterone in females, and FSH, LH, and testosterone in males will be measured. The number of participants with clinically significant changes in reproductive hormones will be reported.

5. Number of Participants Who Reported Presence of Anti-icatibant Antibodies
Time Frame: Baseline, and up to Day 8

6. Investigator-Rated Symptom Scores Assessed by Investigator
Time Frame: Baseline, and post treatment on Day 1
Investigator-rated symptom score will be used for assessment and scoring of cutaneous, abdominal, and laryngeal symptoms of acute HAE attacks related to daily activities. The score range is 0 to 4 and each number of scores means following; 0 = none; absence of symptoms, 1 = mild (no to mild interference with daily activities), 2 = moderate (moderate interference with daily activities), 3 = severe (severe interference with daily activities), 4 = very severe (very severe interference with daily activities).

7. Faces Pain Scale-Revised (FPS-R) Scores for Participants of 4 Years Age and Older
Time Frame: Baseline, and post treatment on Day 1
Faces Pain Scale-Revised (FPS-R) is a tool for self-assessment of HAE-related pain by participants. Participants of 4 years age and older self-assessed their HAE-related pain using the FPS-R instrument. FPS-R is a self-reported measure used to assess the intensity of children's pain and it is scored using a 0 to 10 scale (0=no pain to 10=very much pain).

8. Faces, Legs, Activity, Cry, and Consolability (FLACC) Scale Assessed by Investigator for Participants of Younger than 4 Years Age
Time Frame: Baseline, and post treatment on Day 1
Participants of younger than 4 years age underwent investigator assessment of HAE-related pain (cutaneous, abdominal, and laryngeal) using the FLACC compartmental pain scale. Each of the 5 categories was scored from 0 to 2. Face(F): 0 (no particular expression/smile) - 2 (frequent to constant frown clenched jaw quivering chin); Legs(L): 0 (normal position/relaxed) - 2 (kicking/legs drawn up); Activity(A): 0 (lying quietly, normal position, moves easily) - 2 (arched rigid/jerking); Cry(C): 0 (No cry [awake/asleep]) - 2 (crying steadily/screams/sobs or frequent complaints); Consolability(C): 0 (content/relaxed) - 2 (difficult to console/comfort), resulting in a total score between 0 and 10.

9. Number of Participants who Treat with Rescue Medication during Study
Time Frame: Up to 25 days as a maximum (screening day for initial attack plus 8 days post dose for each 3 attacks as a maximum)
Rescue medication includes therapies for HAE used for HAE attack and symptomatic treatment used in order to improve symptoms of angioedema (eg, pain and nausea).

10. Number of Participants with Worsened Intensity of Clinical HAE Symptoms Between 2 and 4 Hours After Treatment with SC Icatibant using Investigator-Rated Symptom Scores
Time Frame: From 2 hours post-dose to 4 hours post-dose
Investigator-rated symptom score will be used for assessment and scoring of cutaneous, abdominal, and laryngeal symptoms of acute HAE attacks related to daily activities. The score range is 0 to 4 and each number of scores means following; 0 = none; absence of symptoms, 1 = mild (no to mild interference with daily activities), 2 = moderate (moderate interference with daily activities), 3 = severe (severe interference with daily activities), 4 = very severe (very severe interference with daily activities). The number of participants with a worsened intensity of clinical HAE symptoms at 4 hours post-dose from 2 hours postdose will be reported.

11. Time to initial symptom improvement reported by investigator
Time Frame: Up to 8 hours post dose
Time to initial symptom improvement reported by investigator, defined as the duration of time in hours from icatibant administration until the time when overall participant improvement was first noted by investigator.

12. Time to initial symptom improvement reported by participant
Time Frame: Up to 8 hours post dose
Time to initial symptom improvement reported by participant, defined as the duration of time in hours from icatibant administration until the time when overall participant improvement was first noted by participant, participant's parent or participant's legal guardian.

13. Plasma Concentration for TAK-667 and Metabolites (M-I and M-II)
Time Frame: Day 1 pre-dose and at 0.5, 1.0, 2.0, and 4.0 hours post-dose

(2)試験等に用いる医薬品等の概要

医薬品
適応外
イカチバント
フィラジル
23000AMX00825000

3 試験等の実施状況の確認に関する事項

(1)監査の実施予定

(2)試験等の進捗状況

/

募集中

Recruiting

/

4 試験等の対象者に健康被害が生じた場合の補償及び医療の提供に関する事項

5 依頼者等に関する事項

(1)依頼者等に関する事項

武田薬品工業株式会社
Takeda Pharmaceutical Company Limited

(2)依頼者以外の企業からの研究資金等の提供

なし

6 IRBの名称等

愛知医科大学病院治験審査委員会 Aichi Medical University Hospital IRB
愛知県 長久手市岩作雁又1−1 1-1, Yazakokarimata, Nagakute-city, Aichi
0561-62-3311
承認

7 その他の事項

(1)試験等の対象者等への説明及び同意に関する事項

(2)他の臨床研究登録機関への登録

U1111-1260-2627
WHO Universal Trial Number
WHO Universal Trial Number
NCT04654351
ClinicalTrials.gov
ClinicalTrials.gov

(3)臨床研究・治験を実施するに当たって留意すべき事項

(4)IPD(individual clinical trial participant-level data)シェアリング(匿名化された臨床研究の対象者単位のデータの共有)

No
本試験の非特定化した被験者レベルのデータ(IPD)については、参加被験者の再特定のおそれがあるため提供しません(限られた症例数、実施医療機関で実施されるため) De-identified individual participant data from this particular study will not be shared as there is a reasonable likelihood that individual patients could be re-identified (due to the limited number of study participants/study sites).

(5)全体を通しての補足事項等

Takeda Study ID: TAK-667-3001

添付書類(実施計画届出時の添付書類)

設定されていません

設定されていません

変更履歴

種別 公表日
変更 令和3年1月29日 (当画面)
新規登録 令和2年12月15日 詳細