English

臨床研究・治験計画情報の詳細情報です。

企業治験
令和2年12月7日
NPC-09の有効性確認試験
NPC-09の有効性確認試験
鈴木 良一
ノーベルファーマ株式会社
GNEミオパチー患者を対象として、アセノイラミン酸(SA-ER錠)1日 6g 48週間投与の有効性、安全性をプラセボ対照二重盲検比較試験により検討する。
3
縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー(DMRV)、遺伝性封入体ミオパチー(hIBM)、埜中病
募集前
NPC-09
未定
東北大学病院治験審査委員会

管理的事項

研究の種別 企業治験
登録日 令和2年11月30日
jRCT番号 jRCT2021200030

1 試験等の実施体制に関する事項及び試験等を行う施設の構造設備に関する事項

(1)試験等の名称

NPC-09の有効性確認試験 Efficacy confirmation study of NPC-09 (NPC-09-1)
NPC-09の有効性確認試験 Efficacy confirmation study of NPC-09 (NPC-09-1)

(2)治験責任医師等に関する事項

鈴木 良一 Suzuki Ryoichi
/ ノーベルファーマ株式会社 Nobelpharma Co., Ltd.
開発部
104-0033
/ 東京都中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル NMF Kayabacho Bldg., 1-17-24, Shinkawa, Chuo-ku, Tokyo
03-6670-3812
r-suzuki@nobelpharma.co.jp
内野 邦康 Uchino Kuniyasu
ノーベルファーマ株式会社 Nobelpharma Co., Ltd.
開発部
104-0033
東京都中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル NMF Kayabacho Bldg., 1-17-24, Shinkawa, Chuo-ku, Tokyo
03-6670-3812
uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

(3)その他の試験等に従事する者に関する事項

ノーベルファーマ株式会社
佐藤 芳隆
ノーベルファーマ株式会社 GCP監査室
室長
非該当

(4)多施設共同試験等における治験責任医師等に関する事項など

多施設共同試験等の該当の有無 あり
/

青木 正志

Aoki Masashi

/

東北大学病院

Tohoku University Hospital

脳神経内科

980-8574

宮城県 仙台市青葉区星陵町1番1号/1-1

022-717-7000

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

内野 邦康

ノーベルファーマ株式会社

開発部

104-0033

東京都 中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル

03-6670-3812

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

 
/

森 まどか

Mori Madoka

/

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院

National Center Hospital of Neurology and Psychiatry Hospital

187-8551

東京都 小平市小川東町 4-1-1

042-341-2711

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

内野 邦康

ノーベルファーマ株式会社

開発部

104-0033

東京都 中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル

03-6670-3812

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

 
/

勝野 雅央

Katsuno Masahisa

/

名古屋大学医学部附属病院

Nagoya University Hospital

脳神経内科

466-8560

愛知県 名古屋市昭和区鶴舞町65

052-741-2111

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

内野 邦康

ノーベルファーマ株式会社

開発部

104-0033

東京都 中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル

03-6670-3812

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

 
/

高橋 正紀

Takahashi Masanori

/

大阪大学医学部附属病院

Osaka University Hospital

神経内科・脳卒中科

565-0871

大阪府 吹田市山田丘2番15号

06-6879-5111

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

内野 邦康

ノーベルファーマ株式会社

開発部

104-0033

東京都 中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル

03-6670-3812

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

 
/

山下 賢

Yamashita Satoshi

/

熊本大学病院

Kumamoto University Hospital

脳神経内科

860-8556

熊本県 熊本市中央区本荘1丁目1−1

096-373-5978

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

内野 邦康

ノーベルファーマ株式会社

開発部

104-0033

東京都 中央区新川1丁目17番24号 NMF茅場町ビル

03-6670-3812

uchino.kuniyasu@nobelpharma.co.jp

 

2 試験等の目的及び内容並びにこれに用いる医薬品等の概要

(1)試験等の目的及び内容

GNEミオパチー患者を対象として、アセノイラミン酸(SA-ER錠)1日 6g 48週間投与の有効性、安全性をプラセボ対照二重盲検比較試験により検討する。
3
2021年01月11日
2021年01月01日
2022年03月31日
10
介入研究 Interventional
無作為化比較 randomized controlled trial
二重盲検 double blind
プラセボ対照 placebo control
並行群間比較 parallel assignment
治療 treatment purpose
あり
あり
あり
なし
なし none
① GNE/MNK酵素の遺伝子変異が確認されており、文書によるGNEミオパチー(DMRV、hIBM、埜中病)の診断がある者。遺伝子変異型は本計画では改めて確認しない。
② 同意取得時に20歳以上50歳以下の者。性別は問わない。
③ GNEM-FAS(GNEミオパチー機能活動尺度)上肢部分の点数が24点以上かつ罹病期間が5年以上15年以下の者。
④ 過去数年の徒手筋力検査の結果や握力の測定値から上肢筋力低下が確認できた者又は前治験*に参加している場合は、その後の治験薬非投与時の上肢筋力合計点数の低下を確認できた者。
⑤ スクリーニング時の筋力計による肘伸筋の筋力に再現性がある者(利き手の2回の測定値の相違が15%未満)。
⑥ 試験に必要な処置や検査を受けることができる者。
⑦ 両側の卵管卵巣摘出術を受けていない生殖活動による妊娠可能な者あるいはそのパートナーがそうである場合は、同意書に署名後治験薬最終投与後3カ月まで治験責任(分担)医師が指示する有効な避妊をすることに同意した者(すなわち、経口ホルモン避妊薬、パッチホルモン避妊薬、避妊リング、子宮内デバイス、物理的二重障壁法、外科的な子宮摘出、精管切除、卵管結紮、禁欲など)。
⑧ 妊娠可能な女性ではスクリーニングにおいて妊娠検査を受け、また試験中も追加の妊娠検査を受けることができる者。
⑨ 閉経後少なくとも2年以上経過している者、卵管結紮からスクリーニングまでに1年以上経過している者、子宮全摘術あるいは両側の卵管卵巣摘出術を施行している者など、妊娠の可能性のないと考えられる女性。
⑩ この試験の内容の説明を受けた後、試験に関係する手順を実施する前に自らの意思で文書による同意をした者。
- Willing and able to provide written, signed informed consent after the nature of the study has been explained, and before any research-related procedures are conducted.
- Have a documented diagnosis of GNEM, HIBM, distal myopathy with rimmed vacuoles (DMRV), or Nonaka disease due to previously demonstrated mutations in the gene encoding the GNE/MNK enzyme. (genotyping will not be conducted in this study)
- Male or female, aged 18 - 50 years at Screening.
- Those who have a score of 24 points or more on the upper limbs of GNEM-FAS (GNE Myopathy Functional Activity Scale) and a disease period of 5 years or more and 15 years or less.
- Those whose upper limb muscle weakness has been confirmed from the results of manual muscle testing or grip strength measurements over the past few years, or if he/she has participated in the previous clinical ..trial, those who could confirm the upper extremity composite score decreased during the investigational drug is not administered.
- Able to provide reproducible force in elbow flexors (i.e. two dynamometry force values with no more than 15% variability in the dominant arm) at Screening.
- Willing and able to comply with all study procedures.
- Participants of child-bearing potential or with partners of child-bearing potential who have not undergone a bilateral sapling-oophorectomy and are sexually active must consent to use an effective method of ..............contraception as determined by the site investigator (i.e. oral hormonal contraceptives, patch hormonal .......contraceptives, vaginal ring, intrauterine device, physical double-barrier methods, surgical hysterectomy, .....vasectomy, tubal ligation or true abstinence) from the period following the signing of the informed consent ....through 3 months after last dose of study drug.
- Females of childbearing potential must have a negative pregnancy test at Screening and be willing to have additional pregnancy tests during the study.
- Females considered not of childbearing potential include those who have been in menopause for at least ...two years, have had tubal ligation at least one year prior to Screening, or who have had a total .....................hysterectomy or bilateral salpingo-oophorectomy.
- Willing and able to provide written, signed informed consent after the nature of the study has been .............explained, and before any research-related procedures are conducted.
① N-アセチル-D-マンノサミン(ManNAc)、シアル酸(アセノイラミン酸など)あるいは関連代謝物、静注免疫グロブリン製剤(IVIG)、シアル酸を多量に含む栄養補助食品など(生体内で代謝されてシアル酸を生成するものを含む)をスクリーニング前60日以内に摂取した者。
② 治験薬(アセノイラミン酸又は添加剤)に対して過敏症があり有害事象のリスクが増加すると治験責任(分担)医師が判断した者。
③ スクリーニング検査において、肝機能(AST、ALT、γ-GTP)検査値が年齢、性別における基準値上限の3倍を超えた者。あるいはスクリーニング時血清クレアチニン値が基準値の2倍を超えた者。
④ スクリーニング時に妊娠中又は授乳中の者。あるいは試験中に妊娠の予定がある者(自身又はパートナーが)。
⑤ スクリーニング前30日以内に他の治験薬又は治験医療器具を使用した者、あるいは試験のすべての評価が終了する前に他の治験薬又は治験医療器具の使用が予想される者。
⑥ 直ちに外科的介入又は他の治療が必要、あるいは試験に安全に参加することができないほど状態が悪いと治験責任(分担)医師が判断した者。
⑦ 合併症、自殺念慮あるいは他の症状のために、治療アドヒアランスが悪くなる、試験が完了できない、試験参加に支障がある、安全に影響するなどのリスクが高いと治験責任(分担)医師が判断した者。
⑧ スクリーニング前16週以内に400 mL以上の献血をした者。
⑨ アルコール依存と判断された者又は薬物依存のある者。
⑩ その他、治験責任(分担)医師が不適格と判断した者。
-Ingestion of N-acetyl-D-mannosamine (ManNAc), SA, or related metabolites; intravenous immunoglobulin (IVIG); or anything that can be metabolized to produce SA in the body within 60 days prior to the Screening Visit
- Has had any hypersensitivity to the investigational drug (SA-ER or its excipients) that, in the judgment of the investigator, places the subject at increased risk for adverse effects
-History of more than 30 days treatment with SA-ER and/or SA-IR in prior clinical trials in the past year
-Has serum transaminase (i.e. aspartate aminotransferase [AST] or gamma-glutamyl transpeptidase [GGT]) levels greater than 3X the upper limit of normal (ULN) for age/gender, or serum creatinine of greater than 2X ULN at Screening
-Pregnant or breastfeeding at Screening or planning to become pregnant (self or partner) at any time during the study
-Use of any investigational product or investigational medical device within 30 days prior to Screening, or anticipated requirement for any investigational agent prior to completion of all scheduled study assessments
-Has a condition of such severity and acuity, in the opinion of the investigator, that it warrants immediate surgical intervention or other treatment or may not allow safe participation in the study
-Has a concurrent disease, active suicidal ideation, or other condition that, in the view of the investigator, places the subject at high risk of poor treatment adherence or of not completing the study, or would interfere with study participation or would affect safety
-More than 400 mL blood donation within 16 weeks
-Presence of alcohol or drug dependency
-Those whom the investigator judges not to be appropriate for the subject
20歳 以上 20age old over
50歳 以下 50age old under
男性・女性 Both
① 被験者から中止申し入れがあった場合
② 被験者が選択基準に該当しないこと、あるいは除外基準に抵触することが判明した場合
③ 妊娠又はその可能性がある場合
④ 禁止されている治療が実施された場合
⑤ 原疾患の悪化により、治験の継続が適当でないと治験責任(分担)医師が判断した場合
⑥ 有害事象の発現により、治験の継続が困難と治験責任(分担)医師が判断した場合
⑦ 被験者が定められた日に来院せず、治験の継続が困難と治験責任(分担)医師が判断した場合
⑧ その他、治験の継続が適当でないと治験責任(分担)医師が判断した場合
縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー(DMRV)、遺伝性封入体ミオパチー(hIBM)、埜中病 Distal myopathy with rimmed vacuoles (DMRV), hereditary inclusion body myopathy (hIBM)
あり
NPC-09(アセノイラミン酸)の48週間経口投与をプラセボ投与と比較する Oral administration of NPC-09 (Aceneuramic acid) for 48 weeks as compared with placebo
主要評価項目は上肢筋力合計点数(UEC点数)の投与開始前から48週時点までの変化量の比較とする。混合効果モデルを用いた経時解析を行い、各投与群の各時点の変化量及びその群間差と95%信頼区間を推定する。
外れ値の有無や欠測値の取扱いは盲検下レヴューで検討する。
The primary endpoint is a comparison of changes in the upper extremity composite score (UEC score) from baseline to 48 weeks. Time-course analysis using a mixed-effects model is performed to estimate the change, the difference between the groups, and the 95% confidence interval at each time point in each administration group.
The presence or absence of outliers and the handling of missing values will be examined in a blinded review.
医師による総合判定
以下の①~④について、改善・不変・悪化・判定不能(該当せず)のいずれかで判定し、判定理由を明記する。そして、それらを総合して各患者での有効性を有効・無効・判定不能のいずれかで判定し、判定理由を明記する。
① 同意取得前の上肢筋力低下の確認に用いた徒手筋力検査(治験開始前の測定項目に合わせる)、握力の推移と治験開始後を対比し、疾患の進行抑制が得られたか。
② 本治験開始までの上肢筋力合計点数変化量と、治験開始後を対比し、疾患の進行抑制が得られたか。
③ 上肢筋力合計点数変化量において、国内外の臨床試験で本試験の選択基準と同様な背景因子をもったGNEミオパチー患者のうち実薬非投与例**の推移の平均値より低下が小さいかどうか。
④ その他の副次評価項目にて改善がみられたか。
なお、開鍵前に、症例検討会又は盲検下レヴューで主治医判定の妥当性を検討し、問題例は主治医に再確認することとする。
また、投与群別に有効率とその信頼区間を示す。

その他の副次評価項目
その他の副次評価項目は、以下の項目の投与開始前から48週時点までの変化量とする。
-GNEミオパチー機能活動尺度(GNEM-FAS)の上肢部分の点数
-上肢筋力合計点数を構成する握力、肩外転筋、肘屈筋、肘伸筋の筋力:両側の
筋力の平均値(kg)
- 膝伸筋の筋力:両側の筋力の平均値(kg)
- GNEM-FASの動作部分の点数
- GNEM-FASの自己管理部分の点数
- GNEM-FASの総点数
このうち、GNEミオパチー機能活動尺度(GNEM-FAS)の上肢部分の点数については、外れ値の検討と欠測値の扱いについて、上述の主要評価項目と同じ要領にて解析を行う。
Comprehensive judgment by an investigator
Regarding (1) to (4) below, judge by any of improvement, immutability, deterioration, and undecidable (not applicable), and specify the reason for the judgment.
Then, the comprehensive efficacy in each patient is judged as effective, no effect, or undecidable by integrating them, and the reason for the judgment is specified.
(1) Whether to suppress the progression of the disease during the trial comparing before based on the manual muscle testing or grip strength?
(2) Whether to suppress the progression of the disease during the trial by comparing before based on the change in the upper extremity composite score?
(3) In the change in the upper extremity composite score, is the decrease smaller than the average value of the transition of non-active drug administered GNE myopathy patients** in domestic and overseas clinical trials who have the same background as this trial?
(4) Were there any improvements in the other secondary endpoints?

The validity of the judgment of the investigator will be examined at the case review meeting or a blinded review before opening the key and the problematic case should be reconfirmed with the investigator.
The effective rate and its confidence interval are shown for each administration group.

Other secondary endpoints
The other secondary endpoints are the changes from baseline to 48 weeks in the following items.
- GNE Myopathy Functional Activity Scale (GNEM-FAS) upper extremity domain score
- Individual muscle strength: Grip, shoulder abductors, elbow flexors, and elbow extensors comprising the upper extremity composite score: bilateral average muscle strength (kg)
- Knee extensor muscle strength: bilateral average muscle strength (kg)
- GNEM-FAS mobility domain score
- GNEM-FAS self-care domain score
- GNEM-FAS total score
Of these, for the scores of the upper extremity domain of the GNE Myopathy Functional Activity Scale (GNEM-FAS), the examination of outliers and the handling of missing values will be analyzed in the same manner as the above-mentioned primary endpoints.

(2)試験等に用いる医薬品等の概要

医薬品
未承認
NPC-09
未定
なし
ノーベルファーマ株式会社
東京都 中央区新川一丁目17番24号 

3 試験等の実施状況の確認に関する事項

(1)監査の実施予定

あり

(2)試験等の進捗状況

/

募集前

Pending

/

4 試験等の対象者に健康被害が生じた場合の補償及び医療の提供に関する事項

あり
あり
医薬品副作用被害救済制度の定めに応じた医療費・医療手当・補償金

5 依頼者等に関する事項

(1)依頼者等に関する事項

ノーベルファーマ株式会社
Nobelpharma Co., Ltd.
なし
なし
なし

(2)依頼者以外の企業からの研究資金等の提供

なし

6 IRBの名称等

東北大学病院治験審査委員会 Tohoku University Hospital Clinical Trial Review Committee
宮城県 仙台市青葉区星稜町1番1号 1-1 Seiryo-machi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi
022-717-7056
office@crieto.hosp.tohoku.ac.jp
未承認

7 その他の事項

(1)試験等の対象者等への説明及び同意に関する事項

(2)他の臨床研究登録機関への登録

(3)臨床研究・治験を実施するに当たって留意すべき事項

該当しない
該当しない
該当しない
該当しない

(4)IPD(individual clinical trial participant-level data)シェアリング(匿名化された臨床研究の対象者単位のデータの共有)

なし No

(5)全体を通しての補足事項等

添付書類(実施計画届出時の添付書類)

設定されていません

設定されていません